【D】,11788円,温度管理,静か,家電 , キッチン家電 , ワインセラー,保管,ミラーガラス,温度管理,/aurae939267.html,ペルチェ方式,PWC-491P-B送料無料,アイリスオーヤマ,家庭用,スリム,diskychicks.com,スリム,アイリスオーヤマ,ペルチェ方式,ミラーガラス,ワインセラー,ペルチェ式,家庭用,【予約】ワインセラー,静か,保管,ワインセラー,ペルチェ式,ブラック ワインセラー 家庭用 ペルチェ方式 ペルチェ式 静か 温度管理 スリム アイリスオーヤマ ミラーガラス PWC-491P-B送料無料 18%OFF D 予約 保管 ブラック ワインセラー 家庭用 ペルチェ方式 ペルチェ式 静か 温度管理 スリム アイリスオーヤマ ミラーガラス PWC-491P-B送料無料 18%OFF D 予約 保管 ブラック 【D】,11788円,温度管理,静か,家電 , キッチン家電 , ワインセラー,保管,ミラーガラス,温度管理,/aurae939267.html,ペルチェ方式,PWC-491P-B送料無料,アイリスオーヤマ,家庭用,スリム,diskychicks.com,スリム,アイリスオーヤマ,ペルチェ方式,ミラーガラス,ワインセラー,ペルチェ式,家庭用,【予約】ワインセラー,静か,保管,ワインセラー,ペルチェ式,ブラック 11788円 ワインセラー 家庭用 ペルチェ方式 ペルチェ式 静か 温度管理 スリム ミラーガラス 保管 アイリスオーヤマ 【予約】ワインセラー ブラック PWC-491P-B送料無料 ワインセラー 家庭用 ペルチェ方式 ペルチェ式 静か 温度管理 スリム ミラーガラス 保管 アイリスオーヤマ 【D】 家電 キッチン家電 ワインセラー 11788円 ワインセラー 家庭用 ペルチェ方式 ペルチェ式 静か 温度管理 スリム ミラーガラス 保管 アイリスオーヤマ 【予約】ワインセラー ブラック PWC-491P-B送料無料 ワインセラー 家庭用 ペルチェ方式 ペルチェ式 静か 温度管理 スリム ミラーガラス 保管 アイリスオーヤマ 【D】 家電 キッチン家電 ワインセラー

ワインセラー 家庭用 ペルチェ方式 ペルチェ式 静か 温度管理 スリム アイリスオーヤマ 新作からSALEアイテム等お得な商品 満載 ミラーガラス PWC-491P-B送料無料 18%OFF D 予約 保管 ブラック

ワインセラー 家庭用 ペルチェ方式 ペルチェ式 静か 温度管理 スリム ミラーガラス 保管 アイリスオーヤマ 【予約】ワインセラー ブラック PWC-491P-B送料無料 ワインセラー 家庭用 ペルチェ方式 ペルチェ式 静か 温度管理 スリム ミラーガラス 保管 アイリスオーヤマ 【D】

11788円

ワインセラー 家庭用 ペルチェ方式 ペルチェ式 静か 温度管理 スリム ミラーガラス 保管 アイリスオーヤマ 【予約】ワインセラー ブラック PWC-491P-B送料無料 ワインセラー 家庭用 ペルチェ方式 ペルチェ式 静か 温度管理 スリム ミラーガラス 保管 アイリスオーヤマ 【D】



ワインの味は、保管の仕方で味や風味が簡単に変化します。
ワインセラーがあれば、保管の難しいワインを自宅で気軽に美味しく楽しめます。

◆振動の少ないペルチェ方式
モーターがなく、振動が少ないのでワインの保存に最適。
冷媒を使用しない、地球に優しい冷却方法。
音が静かなので、寝室に置いても大丈夫。

◆徹底した温度管理
ワインの種類に合わせ「8~18℃」の間で温度を設定できます。

◆スリム設計なのに、収納たっぷり
幅25.2cmのスリム設計で、最大18本収納できます。
ロングボトルや太めのボトルはストッパーを外して収納可能。
ご家庭で簡単にお酒を楽しめます。

◆外からでもラベルを確認できる、庫内灯付き
スイッチが扉の外側にあるので、扉を閉めたままボトルのラベルを確認できます。
扉の開閉をせずに確認できるので、温度変化を防ぎ、ワインの美味しさを保ちます。

●商品サイズ(cm)
幅約25.2×奥行約51×高さ約96.8
●庫内寸法
幅約18×奥行約33×高さ約82.3
●庫内容量
47L
●最大収納本数
18本
●商品質量
約17.2kg
●電源
AC100V、50/60Hz
●定格消費電力
130W
●冷却方式
ペルチェ式
●温度設定(環境温度:25℃)
8~18℃
●電源コード長さ
1.8m
●材質
スチール・ABS

(検索用:ワインセラー 家庭用 ペルチェ方式 ペルチェ式 静か 温度管理 スリム ミラーガラス 保管 4967576468992)

ワインセラー 家庭用 ペルチェ方式 ペルチェ式 静か 温度管理 スリム ミラーガラス 保管 アイリスオーヤマ 【予約】ワインセラー ブラック PWC-491P-B送料無料 ワインセラー 家庭用 ペルチェ方式 ペルチェ式 静か 温度管理 スリム ミラーガラス 保管 アイリスオーヤマ 【D】

ちょっとだけNZの自然に詳しくなれるネイチャーマガジン

Play/Pause

New Posts

More

ネイチャーニュース

3632
3388
4993
3706
3910
4048
More

鳥と生きもの

2173
大きなオレンジ色の蝶が青空を舞う姿は、夏のニュージーランドの風物詩とも言っていいくらいよく見かける光景だろう。オレンジの蝶とは、ニュージーランド最大の蝶として知られるモナーク・バタフライ Monarch Butterfly(和名はオオカバマ...
3135
3809
8358
4604
More

お花や植物

2969
ニュージーランドのトレッキングコースは、日本のそれに比べてずいぶんと長いものが多い。人気が高いグレートウォークスを筆頭に、NZでは数日かけて歩く縦走コースが主流だし、なかには国を南北に3000キロ縦断するテ・アラロアなんて究極のコースもある...
3315
5226
2751
More

NZアウトドアブランド&ギア

遊びを通して「ことわざ」や「教訓」が覚えられます! 犬棒かるた かるた読み上げアプリ対応銀鳥産業/カードゲーム/絵あわせ/知育玩具/お正月
4420
ニュージーランドで有名なアウトドア・ブランドやアウトドア・ショップと言ったら、以前にも紹介した『カトマンドゥ Kathmandu』や 『マックパック Macpac』などが真っ先に挙がるだろう。事実、これらのお店は最大都市オークランドの目抜き...
8917
「ハワイ州が環境に有害な日焼け止めの販売を禁止する法律を発表」―― そんなニュースが驚きをもって世界中に報じられたのは、2018年の中ごろだった。ハワイ州は海水浴客の使う日焼け止めクリームが世界的に有名なサンゴ礁を破壊しているとの調査結果を...
7133
マックパックやカトマンドゥ、アイスブレーカーなど、数々の良質なアウトドアブランドを世に送り出し続けている国、ニュージーランド。国の代名詞ともいえる羊から採ったメリノウールはその品質の良さでほかの追従を許さず、快適で温かいメリノウール製品はア...
3906
ニュージーランドのアウトドアブランドと言えば真っ先に名前の挙がるKatumandu(カトマンズ/カトマンドゥ)。 先日、年に四回ある割引きセールの時をねらって、以前から欲しいと思っていた登山靴を購入してきた。 . さて、真新しい登山靴を手に...
3753
ニュージーランドに住むようになってから、身の回りのアウトドアグッズがこれまでモンベル一辺倒からマックパック&カトマンドゥ一辺倒(二返倒!?)になってきた。理由はいろいろあるが、最大の理由はモンベルがNZでは買えない上に、これらの”ご当地ブラ...
More
283
これまで難易度様々なトレッキングコースを紹介してきたけれど、今回はちょっと新しい試み。Gopro8を手に入れたので、動画撮影もしながら歩いてみた。今日紹介するのは、まだこのHPでアップしてないオークランド近郊のおすすめコース、ワイタケレ・リージョナルパークの「Karamatura Loop Track (カラマツラ・ル...
2969
ニュージーランドのトレッキングコースは、日本のそれに比べてずいぶんと長いものが多い。人気が高いグレートウォークスを筆頭に、NZでは数日かけて歩く縦走コースが主流だし、なかには国を南北に3000キロ縦断するテ・アラロアなんて究極のコースもあるくらいだ。 さて、そんなニュージーランドの長い山歩きにおいては、少しでも道中の”...
2173
大きなオレンジ色の蝶が青空を舞う姿は、夏のニュージーランドの風物詩とも言っていいくらいよく見かける光景だろう。オレンジの蝶とは、ニュージーランド最大の蝶として知られるモナーク・バタフライ Monarch Butterfly(和名はオオカバマダラ)。色が派手なおかげで遠くからでも見つけられる、NZで最もポピュラーな生きも...
2257
12~2月の、真夏を迎えたニュージーランド。僕は週末を迎えるたびにそわそわして、ありったけの遊び道具を車に詰め込んで出かける日々が続いている。行き先は、もちろん海!それもビーチではなくて、ひと気の少ない岩場に狙いを定め、ウェットスーツを着込んで銃を持って潜りにでかけている。そう、スピアフィッシングにハマッてしまったのだ...
2726
ロトルアと言えば温泉やマオリの文化体験がよく知られているけれど、一方で「素晴らしい湖がたくさんあるアクティブティ天国」でもある。地図でロトルアをみてみると、中心部から東側に大小さまざまな湖があって、しかもアウトドアの国・ニュージーランドだけにどの湖もハイキングコースが通っているのだ。 この記事では、その中でも比較的アク...
3315
4月から5月ごろにかけて、秋のニュージーランドでは紅葉がピークを迎える。 僕の住むオークランドでも街路樹や街中の木々が赤や黄色に色づいてきていて(この記事は5月上旬に執筆)、人々の目を楽しませてくれている。南島のアロータウンという町では毎年この時期になるとオータム・フェスティバルと題して紅葉を背景に開拓時代に思いを馳せ...
4292
NZ各地で開催される週末のファーマーズマーケットに足を運んだことはあるだろうか?週末の青い空のもと、コーヒーを片手に活気あふれるマーケットを歩いてみよう。色とりどりの食べ物に、個性豊かなアートや雑貨・・そこでしか買えない“一品もの”を生産者さんと言葉を交わして購入したり、地元アーティストのライブミュージックに耳を傾けた...
3611
トレッキングにおいて、「滝」というのは最高のギフトだ。 豪快なしぶきをあげる滝が道の先にあるなら足取りも軽くなるし、滝が作りだす川や崖は素晴らしいランドマークになって、単調になりやすいトレッキングコースにメリハリをつけてくれる。 今回僕が足を運んだニュージーランド北島の「ワイレレ・フォールス」は、その点でいえばこれまで...
3632
NZ北島のトレッキングコースの中でも、”湧水の川”に沿って歩けるとても珍しいコース「Blue Springs」。ある日ボトルウォーターの源泉地としても知られるこのコースを知人と歩いていたとき、川を眺めながら「ニュージーランドの水」の話をし始めると、常に水を観ながら歩いたせいか、その日は最初から最後まで「水」の話でもちき...
4199
「ミルフォード・サウンドのクルーズか、ダウトフル・サウンドのクルーズ。どっちに乗ったらいいんだろう・・!?」 ニュージーランド南島への旅行を計画するとき、世界遺産地域のフィヨルドを巡るクルーズは旅のハイライトになりうる最上級のアクティビティだ。それだけに念入りに計画を立てようとして、ミルフォード・サウンドか、お隣のダウ...

こんな記事も読まれてます

今日はちょっと明るいニュースだ。 数が減少し、絶滅も心配されるニュージーランドの国鳥・キーウィが、なんと数十年ぶりにオークランド地域に帰ってくることが決まったようだ。キーウィ放鳥のニュースを追ってみよう。 キーウィがオークランドに帰ってくる...
3月に入り、ニュージーランドが誇る牡蛎「ブラフ・オイスター」が解禁され、僕もさっそくオークランドの港にあるレストランへ”解禁祝い”に行ってきた。NZ産のこのカキは小ぶりながらクリーミーでおいしく、現地では大人気だ。 ところでブラフオイスター...
オークランドの沖合にあるティリティリ・マタンギ島(Tiritiri Matangi Island)。 この島はニュージーランドで絶滅の恐れのある貴重な鳥たちが飛び交う、“鳥の楽園”だ。 この記事では、ティリティリ島に行ったら見ておきたい鳥た...
『モナーク・バタフライを自宅に呼ぼう!』のプロジェクトを始めて1年目、これまで様々な視点からモナークバタフライの記事をかいてきた。 オークランドの自宅の庭に餌となる「スワンプラント」を植えるところから始めて、一年目は40匹もの幼虫たちを育て...
日本で桜と言えば春を連想し、すすきといえば秋を連想するように、ニュージーランドではポフツカワという花をもって夏を連想する。11月~1月ごろに真っ赤な花を木いっぱいに咲かせるので、別名「クリスマスツリー」なんて呼ばれ方もするポフツカワ。NZの...
言わずと知れたペンギン王国、ニュージーランド。 世界に分布する全18種類のうち実に7種類ものペンギンが暮らし、そのうちの4種類は一般の観光客でも見ることができるなど、NZは世界で最もペンギンが身近にいる国だ。   さて、その4種類...
日本のように国土が南北に長細く、どこにいても海が近いニュージーランドでは、沿岸に暮らす海鳥たちともよく出会う。特によく見かけるのは、何と言っても「カモメ」くんたちだろう。NZ旅行をされた方の中にも、海沿いの街でフィッシュアンドチップスを食べ...
オークランド郊外で、牧草地で草を食む羊の写真が撮れる場所として有名なのは、ガイドブックにも載っている『ワンツリーヒル』だろう。しかし、実は羊が見れるのはワンツリーヒルだけではない。オークランドには約50もの死火山があって、その多くはワンツリ...
ニュージーランドは移民が多く、特にオークランドのKIWI(NZ人)を探すのが難しいくらいたくさんの人種であふれている街だ。僕が留学生をしていたころは、インド人・中国人らのクライスメイトがたくさんいたし、職場やイベントなんかで移民の人たちとの...
日本で登山をすると言えば、それはほとんど100%山頂に登ることを意味していると思う。 僕もこれまでまったく疑うことなく、登山というのは苦労して汗かいてどれだけ高い山に登るかである、と思ってきた。頂上を踏まない登山は成功とは言わない。登山地図...
Return Top